レンタルCGI

新 忙しすぎるあなたへ(脱力系)

だらだらと思いついたまま書き留めていく日記です(^。^;) 肩の力を抜いて読んでください

FI1727958_0E.jpg


ホロコーストのような描写が多々出てきて
さぞかし重い内容なんだろうなぁと思ってましたが
予想外にドイツ軍内部の話に終始した内容でした
その分多少内容の重さが軽減されました

しかしその分ドイツ軍の市民に対する扱い
敗戦間近の頃の悲惨な状況
やっぱり重いことには変わりありませんでした

予習していかなかったのがバレバレですね^^;

祖父から戦争についての話をイロイロと聞かされて育ったせいか
こういった戦争にからんだ内容の映画は観てしまうのですが
この映画が事実に即したものであるならば
史上最悪の独裁者であるヒトラーのイメージが
ちょっと変わってくるのではないでしょうか

ヒトラーが善者だとは思いませんが
集団心理こそが悪の元凶という気がします

戦後最大のタブーという事で話題になっていますが
こういった内容の事は語ってはいけないことなのでしょうか?
とふと思いました

まあ日本においても昭和天皇、東条英機に対する戦争の責任を問う映画が
出来たら真っ先につぶされてしまうでしょうし^^;
また擁護する内容のものでもダメでしょうね
「言論の自由」というものは実際は「言論の不自由」なんでしょう

映画の内容としては濃い感じですが
向かっていく結末がわかっている分
多少助長に感じました



追記:ブルーノ・ガンツがヒトラーが生きてるのかと思うぐらい
 すごい気迫で演じていて思わず鳥肌がたちました^^;

 実際のヒトラーの写真と比べると全く違うんですけどね
 映画を観てるときにはソックリだと。。。





この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿














この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
→http://datsuryokukei.blog65.fc2.com/tb.php/339-3b8378fc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
プロフィール

よしさま

Author:よしさま
めちゃ適当人間です
そのわりには打たれ弱いw

カテゴリー
最近の記事+コメント

Tree-TB

FC2カウンター

ブログランキング

FC2Blog Rankingblogram投票ボタン
にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 岡山(市)情報へ にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ にほんブログ村 映画ブログへ にほんブログ村 写真ブログ 初心者カメラマンへ

リンク
ブロとも申請フォーム
ブログ内検索

試験運用中(笑)

RSSフィード
グーバーウォーキング

過去ログ v Co リバース

Plug-in byまる。hi

食べログ
ねこの気持ち

サイト価格ランキング