fc2ブログ
レンタルCGI

新 忙しすぎるあなたへ(脱力系)

だらだらと思いついたまま書き留めていく日記です(^。^;) 肩の力を抜いて読んでください

20060504115324.jpg


今日、やっと観ることができました^^
しかし深い内容の映画のため
まだ自分の考えがまとまってません(^。^;)

ちょっと考えて記事にしたいと思います
ってことで記事の再アップまた明日になると思います
(o*。_。)oペコッ





追記:6月6日

かなり泣ける映画かと思ってましたが
意外とそうでもなく。。。
(先日観た「マディソン郡の橋」の方が泣けたぐらいですから)
しかしズシッっと心に圧し掛かる何かを感じる映画でした

表面的な所では
やはりモーガン・フリーマン
彼は「ショーシャンクの空に」同様
語り部としてそして第三者的な立場で物語を見守る役ですが
こういった役をやったら彼の上を行く俳優さんっていないですね
クリント・イーストウッドファンですけど
この映画では彼に見とれてました(笑)

そしてヒラリー・スワンクの顔の変化
体作りをしていきだんだんとボクサー体型になると
顔にまでギラギラとした自信のようなものも見えてきてます
さすが2度も受賞しただけありますね
しかし彼女はメイクをあまりしない方がいいのかも?って思いました
だって来日の時。。。。ねぇ(笑)

内容としては
家族の愛が根底に流れていたと思うのですが
「モ・クシュラ」(私のかわいい子 私の血)という言葉に
集約されてるのではないでしょうか
聖書だったか何か忘れましたがこういった言葉が出来たような気がしますけど
親子愛という意味に当てはめたのが正解かもしれませんね
曖昧な感想でスイマセン^^;

この映画に関しては特にストーリーを明かす事が
好ましくないように思えます
ネタバレしたら台無しっていう映画ではないんですけどね^^;

まだ観られてない方は「親子愛」というものを頭に入れた上で観られると
より一層心に響く何かを感じることが出来るかもしれません

フランキーとケイティの間に何があったのか語られてませんが
メッチャ気になるところです
小説には書いてあるんでしょうかね??

そういえばクリント・イーストウッドって
アイルランドに何か想いがあるんでしょうか?
「モ・クシュラ」、「アイリッシュグリーンのガウン」
そしてフランキーが読書をしてたのが「イェーツ詩集」
これは「マディソン郡の橋」の中でも引用され実際に本も出てきます

20060504115408.jpg


この前見たバタフライ・エフェクトのパンフと
ミリオンダラー・ベイビーのパンフ
同じ金額なのが納得いかん!><
20ページ:48ページで大きさも半分ですよ奥さん!(笑)
テーマ:映画 - ジャンル:映画

この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿














この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
→http://datsuryokukei.blog65.fc2.com/tb.php/12-c05637af
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
プロフィール

よしさま

Author:よしさま
めちゃ適当人間です
そのわりには打たれ弱いw

カテゴリー
最近の記事+コメント

Tree-TB

FC2カウンター

ブログランキング

FC2Blog Rankingblogram投票ボタン
にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 岡山(市)情報へ にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ にほんブログ村 映画ブログへ にほんブログ村 写真ブログ 初心者カメラマンへ

リンク
ブロとも申請フォーム
ブログ内検索

試験運用中(笑)

RSSフィード
グーバーウォーキング

過去ログ v Co リバース

Plug-in byまる。hi

食べログ
ねこの気持ち

サイト価格ランキング